2010年04月13日

国会公務員法改正案が実質審議入り(産経新聞)

 中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」新設を盛り込んだ国家公務員法改正案は9日の衆院内閣委員会で実質審議に入った。自民、みんなの両党による改正案も併せて審議。ただ、鳩山由紀夫首相が8日、「修正協議に応じるつもりは全くない」との意向を示したことに自民党が反発、初日から審議が一時中断した。

【関連記事】
国家公務員の政治活動規制 法改正含め議論を
懲りない北教組 早くも参院選準備へ教員出動
公務員の幹部人事を当面凍結 仙谷国家戦略相
教師の選挙運動 地方公務員も罰則が必要
赤旗配布の高裁判決に思う なぜ公務員は政治活動を制限されるのか

千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル(産経新聞)
参加目標は10万人規模=25日の普天間県内移設反対集会−沖縄(時事通信)
新核軍縮条約調印 首相「大いに歓迎」(産経新聞)
与党、会期延長を視野=重要法案成立に全力(時事通信)
posted by アカツカ キヨコ at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。