2010年03月29日

<前原国交相>採用説明会出席へ 「官僚やはり重要」PR(毎日新聞)

 国土交通省が4月5日に11年度の採用説明会を開催し、前原誠司国交相が出席して自ら人材獲得に乗り出すことが25日、分かった。大臣が直接、新規採用にかかわるのは異例。民主党の「脱官僚主導」で、優秀な学生が集まりにくくなることが予想されるため、知名度を生かした「トップセールス」をする。

 国交省内で開く説明会では、前原国交相が大学生などに(1)「政治主導」の中での国家公務員の重要性(2)国交省の役割の重要性(成長戦略など)(3)求められる人材像−−などを語る。

 前原国交相は昨年9月の就任時、国交省の職員を前に「日本の今後をみなさんと共に作りたい」とあいさつするなど、優秀な人材の獲得・育成に意欲的とされる。【大場伸也】

【関連ニュース】
前原国交相:八ッ場ダムの湖面1号橋工事継続
前原国交相:4全総の高速道計画の縮小を示唆
前原国交相:「政治とカネが一番大きい」 支持率低下原因
前原国交相:4党案に修正必要の考え示す 国労不採用問題
個所付け通知:前原国交相を注意 鳩山首相

<名古屋市議会>減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
<東武ワールドスクウェア>ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
足利事件再審無罪 菅家さん「感無量」 逮捕から6689日「自由」(産経新聞)
三浦りさ子さんが接触事故 東京・南青山(産経新聞)
<バッハ博物館>再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
posted by アカツカ キヨコ at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。