2010年01月18日

外国人参政権、通常国会に提出=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は15日午後の記者会見で、政府が通常国会への提出を目指している永住外国人に地方参政権を付与する法案について「(政府内に)いろんな意見があるようだが、政府として提出すべく関係者間の調整を進めていく」と述べ、通常国会への提出を目指す考えに変わりはないことを強調した。
 同法案については、亀井静香金融・郵政改革担当相が反対を表明しているほか、原口一博総務相や千葉景子法相が議員立法にすべきだとの考えを示している。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

未届け有料老人ホーム、全国に389施設―厚労省が追跡調査(医療介護CBニュース)
心のケア担当教員、今年度限り=被災世代が中学卒業−存続求める声も(時事通信)
オルゴール 医療にも…進化する癒やしの音色 電動、MIDI対応…新世代へ(産経新聞)
<岐阜市長選>政党が距離 民自公自主投票、異例の展開に(毎日新聞)
【Re:社会部】「キブンの時代」への反響(下)意見 言わない果てに(産経新聞)
posted by アカツカ キヨコ at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。