2010年01月21日

参政権法案に閣僚から慎重論相次ぐ(産経新聞)

 政府・民主党が通常国会への提出を検討している永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について15日、閣僚から慎重意見が相次いだ。仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は「今の時期に(法案提出を)行うことがいいのか、じっくり考えなければいけない」と述べた。

 以前から法案に批判的な亀井静香郵政改革・金融相も「参政権は憲法上の国民固有の権利と規定されている。これとの関係を慎重に考えていくのが当然だ。外国籍で参政権を持ちたいなら帰化すればいい」と指摘した。

 また、小沢一郎民主党幹事長が政府提出法案とする考えを示したことには千葉景子法相が「議員立法が一番適切だ」、原口一博総務相が「国会での議論が基本だ」と反対した。これに対して、平野博文官房長官は「政府で出すことを前提に詰めていく」との方針を重ねて表明した。

【関連記事】
千葉法相が参政権で「議員立法が適切」
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」
小沢幹事長宅前に火炎瓶男 公務執行妨害で現行犯逮捕
参政権法案提出、3月下旬以降に 民主・山岡氏
原口総務相「意思に反し連れてこられた人に参政権、大事なこと」

大久保被告逮捕 「小沢氏の相続資産」 土地購入代金、石川容疑者が供述(産経新聞)
<郵政改革法案>素案固まる 郵貯上限引き上げで金融業強化(毎日新聞)
ベトナム新幹線支援へ調査団=岡田外相(時事通信)
「覚せい剤打っていた」と逃走=女性死亡、ひき逃げ容疑で男逮捕−大阪府警(時事通信)
福島瑞穂氏「国民の信頼回復を期待」(産経新聞)
posted by アカツカ キヨコ at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)

 「語り」によって地元の昔話や文化が受け継がれてきた岩手県遠野市で17日、現代の「語り部」289人が認定された。今年は「遠野物語」発刊100周年。市は記念事業として1000人の育成を目指す。

 専門の講座を受けた市民や、学校の総合学習で学んだ子供たちが「昔話」「郷土芸能」など5分野で試験を受け、それぞれの認定証を受け取った。早くも「伝統文化を伝えたい」と意気込んでいる。

 今後は市内4カ所の空き店舗に開く「語り部スポット」や、JRと計画するツアーなどで活動する。1000人まで増えれば、ラーメン店やタクシー内で「語り」が聞けるようになるかも。【宮崎隆】

カジノ構想「興味ある」=沖縄知事(時事通信)
逮捕の男「刺して火を付けた」…千葉大生殺害か、包丁見つかる(スポーツ報知)
<フェリー座礁>2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる(毎日新聞)
石川議員「親分の言うことは絶対」(読売新聞)
自転車死亡事故の主因、民事で一転 両親の執念実る 大阪地裁(産経新聞)
posted by アカツカ キヨコ at 05:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。