2010年01月19日

口座から出金3億円=小沢氏「土地購入に充当」−1億円不足、真偽を捜査・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏が購入資金を引き出したと説明した口座から、購入6年前に約3億円が出金されていたことが18日、関係者の話で分かった。衆院議員石川知裕容疑者(36)は「小沢氏から4億円の貸し付けを受けた」と供述しており、小沢氏側の説明が事実でも、1億円近くの原資がなお不明なことになる。
 東京地検特捜部は、金額が一致せず、6年間も現金で保有していたことも不自然とみて、この3億円が土地購入に充てられた可能性は低いとみており、改めて原資について説明を求める必要があると判断、小沢氏に事情聴取を再要請した。
 小沢氏は16日の党大会で、土地購入代に充てた4億円の原資について、「積み立ててきた個人の資金」と説明。特捜部に対し、金融機関と支店名を伝えたとした。
 石川容疑者の弁護人も、4億円は小沢氏からの貸し付けだったとした上で、「(小沢氏の)父親から相続して信託銀行に積んであった資金を、約10年前に引き出し、小沢氏の自宅に置いてあった」と説明している。
 関係者によると、特捜部がこの口座を調べたところ、土地購入の約6年前の1998年ごろ、約3億円が引き出されていたという。
 特捜部は土地購入代には、ゼネコンからの資金が含まれるとみており、3億円の個人資金がどのように使われたのかについて、捜査を進めているもようだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<小沢幹事長>地方行脚を開始 自民支持層取り込みへ(毎日新聞)
7カ月長男死なせる=教義に従い、病院行かず−殺人容疑で両親逮捕・福岡県警(時事通信)
<谷垣総裁>「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る (毎日新聞)
<公用文書毀棄容疑>自宅に捜査書類 巡査長を書類送検(毎日新聞)
龍馬ゆかりの「いろは丸」、鞆の浦で就航(読売新聞)
posted by アカツカ キヨコ at 04:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

外国人参政権、通常国会に提出=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は15日午後の記者会見で、政府が通常国会への提出を目指している永住外国人に地方参政権を付与する法案について「(政府内に)いろんな意見があるようだが、政府として提出すべく関係者間の調整を進めていく」と述べ、通常国会への提出を目指す考えに変わりはないことを強調した。
 同法案については、亀井静香金融・郵政改革担当相が反対を表明しているほか、原口一博総務相や千葉景子法相が議員立法にすべきだとの考えを示している。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

未届け有料老人ホーム、全国に389施設―厚労省が追跡調査(医療介護CBニュース)
心のケア担当教員、今年度限り=被災世代が中学卒業−存続求める声も(時事通信)
オルゴール 医療にも…進化する癒やしの音色 電動、MIDI対応…新世代へ(産経新聞)
<岐阜市長選>政党が距離 民自公自主投票、異例の展開に(毎日新聞)
【Re:社会部】「キブンの時代」への反響(下)意見 言わない果てに(産経新聞)
posted by アカツカ キヨコ at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

北澤発言でまたまた露呈 鳩山政権の閣内不一致(J-CASTニュース)

 普天間基地の移設先をめぐり「閣内不一致」が目立った鳩山内閣で、またもや足並みの乱れが露呈した。武器輸出3原則の見直しを公言した北澤俊美防衛相に対して、鳩山由紀夫首相が「口が軽すぎた」と批判したのだ。政権発足から100日以上が経過しても、あいかわらず閣僚が好き勝手なことを言っている。

■「多少、口が軽すぎたかなと思う」

 北澤防衛相は2010年1月12日、東京都内で開かれた防衛関連の業界団体の会合で、

  「我が国には武器輸出の3原則がある。三木内閣のときに大きな縛りをかけ、その後は個別の案件について特例を設けながらやってきたが、そろそろこういう基本的な考え方を見直すこともあってしかるべきと思っている」

と発言。武器輸出3原則を見直すべきだという考えを明らかにした。

 ところが、社民党の福島瑞穂党首は「3原則の見直しは認められない」と北澤防衛相を批判。鳩山首相も

  「日本が世界に向けて、平和国家としての宣言をしている。その1つが武器輸出3原則を守るということだ。いまこの状況のなかで、武器輸出3原則というものはやはり堅持をすべきもの」

と北澤防衛相とは異なる見解を表明し、「多少、口が軽すぎたかなと思う」と非難した。

 北澤防衛相は09年12月、米軍再編問題にからんでグアムを視察したとき「日米合意から大きく外れる」と発言。普天間基地の移設候補としてふさわしくないとの考えを示したが、グアムは社民党が国外の移設先としてあげているほか、鳩山首相の念頭にもあったとされる場所だ。

 そのため、平野博文官房長官から「軽率な発言」と注意される事態を招いたが、今回はそれと似たようなケースだ。

■菅財務相の「円安発言」に首相が不快感

 閣僚の軽率な発言に鳩山首相が不快感を示した例といえば、菅直人財務相の「円安誘導発言」も記憶に新しい。藤井裕久前財務相のあとを継いだ菅氏は10年1月7日の就任会見で、為替相場について、

  「もう少し、円安の方向に進めばよいと思う」

と発言。相場が一気に円安にふれるという混乱を招いた。これに対して、鳩山首相は「政府としては基本的に為替に関しては言及すべきではないと思う」と苦言を呈した。それを受け、菅財務相は

  「従来よりも重い立場にあるという自覚が必要だなと、改めて思った」

と釈明したが、内閣が一枚岩でないことを再認識させた。

 閣内不一致といえば、キャスティングボートを握る国民新党の亀井静香代表の「異論」も目立つ。郵政再編をめぐっては、「3社方式」を志向する原口一博総務相の見解に対して、「俺は聞いていない」と反発。政府・民主党が法案提出の準備を進める永住外国人の地方参政権についても、「俺は反対だ」と反旗を翻している。

 閣僚によって意見が異なるのは自然だが、重要な政策について首相と異なる意見を公言するのは、鳩山首相の指導力不足を際立たせることになる。


■関連記事
菅直人新財務相 「経済オンチ」なのか : 2010/01/07
藤井財務相が辞任  理由は小沢氏との確執? : 2010/01/06
高橋洋一の民主党ウォッチ/民主党は財務省に完全屈服した : 2009/11/11
「日航の上場」廃止?維持? 国民の納得と政治判断 : 2010/01/12
渋谷から「ギャル」が消えた? 裏にある人気「SNS」の存在 : 2009/07/24

冷え込み 13日も 九州北部、強風や大雪(西日本新聞)
最古の両生類の足跡か=4億年近く前の化石発見−海岸上陸説が浮上・ポーランド(時事通信)
救助直前、別の車にひかれる=男性死亡、2台目逃走−福島(時事通信)
<雑記帳>不景気吹き飛ばそう…「いきおい守」増産の人気(毎日新聞)
古代中国の怪獣? 山梨の「一本足ご神像」(産経新聞)
posted by アカツカ キヨコ at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。